« 今日の予定 | トップページ | 身体感覚のための携帯デバイス »

HPのマルチタッチは、ダメだ。

HP TouchSmart tx2 Notebook PC


フリック ローテイト ズーム / ピンチ
Internet Explorer® などの進む・戻るや上下のスクロールが、指先で画面をはじくような操作で快適に楽しめます。 片方の指を支点に、もう一方の指を回し (ピポッド)、画像を回転できます。 画像の拡大・縮小をマルチタッチでおこなえます。

店頭で使ってみた。
正直のところ、操作性は良くない。iPhone/iPod touchみたいな操作を期待すると失望する。
また、ウィンドウズのボタンは、指でタップする事を想定したデザインとは言いがたい。

こういう細かなデザインのことを考えると、まだまだアップルの製品に軍配が上がる。

アップルのiPhone/iPod touchのインターフェイス、特にマルチタッチのインターフェイスは、僕にとって衝撃だった。もう、僕は、少なくとも携帯デバイスに関しては、マルチタッチのスクリーンを備えていない製品は使いたくない。

携帯デバイスは画面が小さい。だから、携帯デバイスで大きいドキュメントを見る事は困難だ。
これまで当たり前だと思っていたことをマルチタッチのデバイスはかえてしまったと思う。
たとえ小さい画面であっても、十分に自然なインターフェイスでドキュメントの拡大、縮小、移動ができれば、大きなドキュメントを読む事も苦にならないのだ。

とはいえ、iPhoneは日常の業務にはやや小さすぎる。ネットブックのサイズのマシンにマルチタッチのインターフェイスを搭載してもらえば、もっと便利だろうと思う。
そういうわけで、アップル製ネットブック(たぶん、見た目はiPod touchの大型版みたいになるだろう。呼び方も、「ネットブック」というより、iBoardとかiSlateとかいうほうがふさわしいだろうとおもうけれど)を待ち望んでいる。

もちろん、アップル製品でなくてもかまわない。

でも、HPの上記製品は、まだダメだ。
正直、マルチタッチが全然こなれていないのだ。たぶん、使いにくい理由のひとつは、Windows VistaっていうOSのインターフェイスがマルチタッチで使いやすいように作り込まれていないという事なのだろうと思う。

Windows 7はマルチタッチに対応するそうなので期待したいところ。

最近、僕の仕事のほとんどもウェブブラウザの上でできるようになってきた。
クラウド時代、ウェブブラウザを備えた無数の種類のマシンの中から、僕たちは好きなものを選ぶ事ができるようになった。
多分、その中で、もっとも使いやすい、見栄えのするインターフェイスを備えた製品が選ばれるのだろう。

こういう競争はアップルの得意分野。
そして、今はまだ、アップルの独壇場。

そういうセンスのプレーヤーが、もっと出てきてくれて、使いやすいインターフェイスのマシンをもっと作ってくれたらいいのだけれど。たとえば、Linuxベースのネットブックで、そういうのを作れないものかと思うのだけれど。

|

« 今日の予定 | トップページ | 身体感覚のための携帯デバイス »

クラウド時代のクライアント」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238660/30788303

この記事へのトラックバック一覧です: HPのマルチタッチは、ダメだ。:

« 今日の予定 | トップページ | 身体感覚のための携帯デバイス »