« 銀座でボンバーマン | トップページ | tumblrでレコーディングダイエット »

がんが治るコンピュータゲーム

何年か前、小児科の医者が集まって呑んでいた席で、子供のがんの治療に役に立つコンピュータゲームってのが、話題になったことがあった。
そのときの話題では、
「コンピュータゲームをプレイすることで、抗がん剤などを使うつらい治療のメリットを学ぶことができ、患者が治療に積極的になる。結果として、癌が治癒しやすくなる。」とか、「がん細胞をやっつけるゲームをプレイすることでがんを克服するイメージを患者に感じてもらう。それで、その結果として、癌が治癒しやすくなる」いう話だった気がする。

今日、某IT企業での同僚と話をしていて、たまたま、その話がでた。
PubMedで検索してみたところ、
多分、以前に読んだ論文は、これ(J Pediatr Oncol Nurs. 2006 Sep-Oct;23(5):269-75.)だと思う。
問題のゲームは、これ。
Re-Mission。めちゃくちゃ派手なアクションゲームだが、結構ハード。フリーで結構品質がいいのでテストプレイをおすすめする。
著者のパメラ加藤氏で検索すると、なんだか、同工異曲のような論文が並ぶ。
たとえば、これとかこれとかこれとか。
検索していて、日本語の記事も見つかった。

要するに、がんについてのゲームの論文を書き続けている人みたい。
日本語の記事も見つけた。テレビゲームはガンに打ち勝つ有効な治療薬 - 米国
だそうだ。

パメラ加藤は、先の論文の中で、この種の医療に役に立つゲームっていうのは、がんだけじゃなくて、ほかの病気、たとえば、うつ病とか肥満とか、いろんな病気の治療に使えるはずだと主張している。

こういう、コンピュータゲームで健康になるっていうアイデアは、楽しい。

ただ、ReMissionは、ゲームとしてハードすぎる。銃でがん細胞を倒しながら、ステージを先に進む、アクションゲームなのだが、ほとんどのプレイヤーは後のほうのステージに到達することは出来ないと思う。
プレイヤーに、ゲームを通じて何かを学んでもらうことが目的であれば、出来るだけ多くのプレイヤーに、すべてのステージを遊んでもらうべきだ。あんまりハードなゲームではいけない。

それに、絵柄がアメコミみたいで好きになれない。
「がん」とその「治療」というシリアスな話題を扱うわけだから、プレイヤーの感情に配慮するならば、登場キャラクターは、もっとコミカルな絵柄、たとえば、ポケモンとかミッキーマウスとか、マリオのようなやつのほうが、よかったと思う。

そういうわけで思い出すのが、任天堂のマリオRPG3とかみたいなの。

あれは、まさに、「メタボ撲滅」をネタにしたゲームで、しかも、「ミクロの決死圏」よろしく、クッパの体の中で戦うのだ。
任天堂さん、ひょっとしたら、病気の治療のためのゲームを作る気だったのだろうか?

もし、そういう、病気治療に役に立つゲームみたいなのを作りたいという人がいたら、連絡してほしい。
僕にもいくつかネタがある。

|

« 銀座でボンバーマン | トップページ | tumblrでレコーディングダイエット »

クラウド時代のクライアント」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

医学」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238660/30843123

この記事へのトラックバック一覧です: がんが治るコンピュータゲーム:

« 銀座でボンバーマン | トップページ | tumblrでレコーディングダイエット »