« 某システムのユーザインターフェイスの設計方針 | トップページ | 国際線に安く乗る為のデータマイニング »

人体の周期、旧暦、ブログパーツ

だいぶ昔に別のブログで書いた記事。
再録。

以下引用。


話のタネは3つ。二十四節気、月齢、不定時法。

二十四節気。

時々、天気予報のお姉さんが、
「今日から、暦の上では○○です。」
なんていっているやつ。

一年を24等分して、それぞれの時期の身の回りの自然を2文字の漢字で表現する。
もともと、中国の黄河中流域での、季節を表す言葉なんだそうだが、気候が若干違うはずの日本でも、なるほどと思うことが多い。

それから月齢。

月の満ち欠け。
月の満ち欠けが、人間の健康状態や精神状態に影響を与えるというのは、かなりのところ、本当らしい。

満月には、犯罪が増えるって言うのは、よく聞く。僕は、犯罪に関係した人から直接聞いたことはないけれど。でも、歓楽街の近くの病院で働く先生から、満月の週末は、酔っ払いの喧嘩の救急搬送が多いと聞いたことがある。何か関係があるのかもしれない。

満月には、お産が多い。こちらは、東京の病院では結構実感している医者が多い。でも、知人の北海道の産科の先生に聞くと、その先生の病院では、月齢によるお産の増減ってのは、ほとんどないとのこと。

ということは、お産は、月齢に関係するというより、潮の干満とか重力の変化に影響されているのかもしれない。
月の形の変化は、海の潮の満ち干きに影響するけれど、高緯度地方でほど、月の重力の潮の干満への影響は小さくなるから。

不定時法。

気管支喘息の子供たちの発作は、深夜から明け方にかけて起こることが多い。
で、この深夜から明け方の発作だが、季節によって、起こりやすい時間帯が多少違うという話を聞いたことがある。喘息発作は、低気圧が来ると起こりやすくなるので、一般に、梅雨時と台風の季節に多い。でも、梅雨の喘息発作は、深夜に起こりやすく、冬の喘息発作は、朝に近くなってから、起こることが多いとのこと。
本当かどうかは知らない。たくさんの患者で確認して、きちんと統計的に確認したという話は聞いたことはないから。

でも、ありえない話じゃない。人間の体は、夜、休むようにできている。休息中は、副交感神経が優位になる。で、副交感神経優位の状態になると、気管支が狭くなる。休息中は運動中に比べて、酸素消費が少なくてすむから、気管支を広げなくてもいい。だから、体はそういう調節をするのだ。
喘息が深夜に多くなるのは、この調節が裏目に出て、深夜、気管支が狭くなったとき、気管支を空気が通りにくくなってしまうから。

喘息を持っている人は、夜寝る前に、発作を抑える薬を飲むように言われたことがあると思う。当然、それは、この深夜の発作を抑えるため。でも、それを飲んだら、心臓がどきどきしたり、なんだか寝付けなくなってしまったりって言う経験をお持ちの方も多いと思う。
これは、気管支を広げる薬の一部は、寝付きにくく、休息しにくくする作用を伴うものがあるからだ。どうしてそうなるのかは、前のパラグラフのリクツを読み直してほしい。よく読んだら理解できるのじゃないかと思う。

さて、もし、気管支喘息発作が、梅雨時、6月ごろには、深夜に起こりやすいのに、冬には、明け方に起こりやすいとしたら、人間の体は、冬には、ゆっくり朝まで休むのに、6月ごろには、早めに休息を切り上げるようにできているということなのだろう。とすると、これは、むかし、日の出とともにおきて、日の入りとともに眠っていた時代の名残じゃないだろうか?だから夏至の時期には、遅寝で早起き、冬至の時期には、早寝で朝寝坊。

体の一日の周期は、本当は、時刻じゃなくて、太陽の動きに合わせて活動しているのかもしれない。

不定時法ってのは、江戸時代まで使われた時間。その日の日の出と日の入りの時刻を調べて、日の出から日の入りまでの時間を6等分、日の入りから日の出までの時間を6等分するという時間の測り方。

ようするに、太陽にあわせた時間。不定時法のほうが、体の周期にあっているのかもしれない。

江戸時代まで、日本で使われていたカレンダーは太陰太陽暦。時計は不定時法。
太陰太陽暦は、月齢と二十四節気を組み合わせたこよみ。もともと、農業や漁業に従事する人のために大切だったから、使われ続けていたこよみだけれど、人間も、植物や魚と同じ、生き物。似たような周期で人間の体が動いていてもおかしくはない。
また、時計っていうものが高価だった時代でも、太陽を見るのはタダだった。だから、太陽を見るだけで、ある程度正確に分かる時間を、社会全体の約束事として使うことが重要だったのだろうと思う。

そんな妄想を考えていたら、旧暦と不定時法で時間と日付を表示するカレンダー時計みたいなソフトウェアとか、ブログパーツがほしくなった。たぶん、旧暦と不定時法で、予定を書いたり、日記をつけると、もっと、自分の体について、面白いことに気づけるかもしれないと思うから。

で、ネットを探してみたのだけれど、いいのが見つからない。

どなたか、おすすめの旧暦時計、ありませんか?ブログにカットアンドペーストすることを考えると、日付や時間はテキストで表示されると嬉しいかもしれない。

で、これは、おすすめの旧暦時計が見つかったら、その後の話なんだけれど、みんなで、旧暦でブログを書きませんか?

ブログに、旧暦と、可能であれば不定時法の時間を書き加えるだけでいいです。

ネタは、ダイエットとか、美容とか、闘病記とか、スポーツとか、ビジネスや日常生活に関係するストレスの話とか、直接に、人間の体に関係する話だと嬉しいけれど、でも、人間のすることなんて、全部、人間の体の調子や自然に関係しているわけだから、何でもいいと思います。

どうでしょうかね。皆様。

|

« 某システムのユーザインターフェイスの設計方針 | トップページ | 国際線に安く乗る為のデータマイニング »

再録記事」カテゴリの記事

医学」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238660/31014177

この記事へのトラックバック一覧です: 人体の周期、旧暦、ブログパーツ:

» 4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法 [気になる電子ブック]
4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法 [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 09時12分

« 某システムのユーザインターフェイスの設計方針 | トップページ | 国際線に安く乗る為のデータマイニング »