« ママネットによるインフルエンザの集団発生対策 | トップページ | 診療所用の電子カルテの最小構成のメモ »

マリオの大人プレイ

最近、任天堂DSiを買った。
で、初めて買ったソフトが、マリオ&ルイージRPG3。というか、このゲームをするためにDSを買ったのだ。

というのも、ずっと、マリオとルイージがクッパの体内に入って、クッパと共闘するという設定を、コマーシャルで見て、やってみたくて仕方がなかったから。

なんといっても、僕は、ミクロの決死圏が大好きで、それで、人体について勉強しようと思った過去がある。さらに、医学部の勉強にうんざりして、大学を辞めようと思っていたころに、当時、NHKでやっていたナノセイバーを見て、医学の勉強も悪くないと思い直したこともある。そういう人間。

そういうわけで、このゲームの設定は、完全に人体SFマニアである、僕のツボを直撃したのだ。
で、ゲームはクリアするまでに1週間ばかりかかったのだけれど、正直、人体SFマニアとしては、ストーリーは物足りなかった。なんというか、いろんな設定が安直過ぎる気がしたのだ。

とはいえ、20年以上ぶりに触るマリオは気持ちよかった。
ボタンを押すたびに「びよよーん」とジャンプするマリオの気持ちよさ、子供のころに味わったあの感じを思い出して、感動してしまったのだ。

昔、スーパーマリオが流行ったころには、兄弟でファミコンを取り合いになって、それで、親に怒られて、結局、僕のマリオ魂は思う存分ジャンプできなかったのだ。
だから、いまこそ、思う存分ジャンプするのだ。
大人になった今、だれも僕のジャンプをとめることはできない。

というわけで、ニュースーパーマリオブラザーズを買ってきた。
大人買いならぬ、大人マリオだな、この心理は。

というわけで、この仕事が終わったら、こんどこそ、思う存分、びよよーん、とジャンプしたいのだ。

|

« ママネットによるインフルエンザの集団発生対策 | トップページ | 診療所用の電子カルテの最小構成のメモ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238660/31301749

この記事へのトラックバック一覧です: マリオの大人プレイ:

« ママネットによるインフルエンザの集団発生対策 | トップページ | 診療所用の電子カルテの最小構成のメモ »