« 自己責任、されど、人に頼るのも芸のうち(勝間和代のこと、3) | トップページ | アクセス急増 »

「当直専門医」のこと

2ヶ月ほど前まで、近くの病院に当直バイトに行くとよく見かけた医者で、なんでもできる全科当直医ってのがいた。

どんな診療科でも診察できるので、当直の時に一緒にいてくれるとものすごく助かる人だった。

その医者、もともと、この近所の結構大きな病院の救命救急やってた人で、で、3年ほど前に疲れはてて退職して、それで開業しようとしたらしい。

で、開業したんだけれど、開業したはじめの頃は結構なローンとかリース契約とか組んでる割に固定の患者もいなくて経営も不安定だったもんだから、土曜とか日曜の夜に近くの病院の当直バイトやってたみたい。

それから3年、相変わらず固定の患者はあんまりいなくて、いつのまにか近所の病院の「当直専門医師」みたいになってしまった。

はじめてその人と一緒に当直したとき、そのレパートリーの広さに驚いた。

その人、ほとんど全部の科の患者を診察できるのだ。しかも、自信を持ってテキパキと。夜間救急の患者を捌くスピードは異常に速い。
で、どうにか、その技を真似したくて、時々横目で見てたのが、半年くらい前のこと。

見ているうちに、彼の意思決定が圧倒的に早くて、しかも、多くの分野の患者を見ることができるのは、実は、診断も治療もしようとしていないからだということに気がついた。

彼がやっていたのは、つまるところ「治療」というよりも、翌日朝、専門医に渡すまで「維持」することだったみたいだ。

もちろん、夜間の2次救急でできることなんて、どんな医者にとってもたかが知れている。どんな医者にとっても、「維持」が目的にならざるをえないことは多いんだけれど、彼の場合、徹底的に「維持」だけでいいと割り切っているようだった。

救急でできることって、結局、救急で少人数でできる程度の、しかも馬鹿の一つ覚えみたいな、テンプレートみたいな「治療」にならざるをえないことが多いんだけれど、彼のやり方は、徹底的にテンプレート治療だけ。

で、当然、「維持」が目的だから、「診断」する気もなくて、治療開始前に、テンプレート治療で「維持」できそうかどうかを判定するだけ。この「判定」でヤバそうだったやつは、後方の3次救急にまわる。ただそれだけ。

でも、それが、真似できない。あの技術があれば、当直がかなり楽できるのにって思って、技を盗もうとしていたんだけれど、なかなか真似できない。
案外難しい職人芸だったようだ。

一方、その技は、あんまり、昼間の「治療」には役に立たないみたいだというのも、彼を見ていてわかったりもした。

多分、あれは僕の知っている通常の医学の知識を組み替えたもの。「維持」以上のことを求めなければ、かなりの情報収集や判断を省略できる。また、診断や治療に関する知識を大部分省略できるなら、そのぶん普通の医師よりもかなり広範囲の症例に対応出来る、
ということのようだ。

要するに、件の医者は、病気の治療の方法はよく知らないし、診断の方法もよく知らないのだ。でも、翌日まで「悪くならない」ようにする方法だけは、ほとんどずべての分野について把握している。
というわけ。

「なおす」よりも「悪くならない」だけのほうが、遥かに簡単だから、それに特化してしまえば、普通の医者が「なおす」より多くの分野の患者を「悪くならない」ようにできる。しかも、「なおす」を目指している医者より簡単な分だけ、仕事が速い。

彼は、自分だけではほとんど治療はできないんだけれど、そいつに任せておけば短時間であれば完璧に「防御」できるっていう能力は、夜間の手薄な病院では、非常に重宝する。

もっとも、言うは易し、行うは難し。

ぼくも、少しは「維持」に特化した方法論も見につけようとトライしてみたけれど、ぼくには、ほとんどできなかった。

|

« 自己責任、されど、人に頼るのも芸のうち(勝間和代のこと、3) | トップページ | アクセス急増 »

コメント

今回の保険改訂で急性期を安定させる傾向はつよくなると思います。急性期病院の在院日数はまだ減少します。

そうなると救急の強力な後方支援をがいる。

なんでこうなるかというと団塊の世代が亡くなるとき現在の1.5倍の死者と二倍の有病率になるらしい。病床や体制を増やさない(それでもふえないとヤレないと思うが)で対応すると超高回転急性期→やや安定期を治療できる後方支援→いろんなかたちの在宅。団塊の世代は高度成長期にバブル、死に方にも注目される。

投稿: えりぉ | 2010年3月 4日 (木) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238660/32512358

この記事へのトラックバック一覧です: 「当直専門医」のこと:

« 自己責任、されど、人に頼るのも芸のうち(勝間和代のこと、3) | トップページ | アクセス急増 »