« 医師の労働の供給曲線は、右下がり? | トップページ | Twitterの可能性 »

英語はラテン語のたどった歴史を繰り返す(英語の分裂)

僕の外勤先の診療所の近くにインド人が集まって住んでいるエリアがあって、で、まあ、そこの患者さんとは、お互い、訛りの強い英語で話してる。

こっちは、Japanese English 先方はHindulish(インド人英語)。

最近ようやくインド人英語がスムーズに聞き取れる様になった。

|

« 医師の労働の供給曲線は、右下がり? | トップページ | Twitterの可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238660/32763507

この記事へのトラックバック一覧です: 英語はラテン語のたどった歴史を繰り返す(英語の分裂):

« 医師の労働の供給曲線は、右下がり? | トップページ | Twitterの可能性 »