« 2009年12月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年1月

新しい夢の医学よりも古い医学の検証にこそ、公的な支出をして欲しい

某役所が出処らしい将来の医療技術の国家戦略みたいな図を見て、猛烈な違和感を覚えて、それで、このエントリーを書いています。

僕は、新しい医療技術の開発よりも、漢方薬などの古い医療技術の検証にこそ、公的な資金が支出されるべきと思っているからです。

古くからある「医療技術」には、そもそも非科学的なものも多くありますが、おそらく有益な治療法にもかかわらず科学的検証がなされていないもの、そして、制度の問題のせいで民間で科学的な検証をしにくいものが相当あるからです。

新しい治療法が、本当に患者にとって有益なものかを科学的に確かめることは大切な事です。そして、その治療法が有益かどうかを科学的に検討するためには、実際にそれを患者に使ってみたデータをいっぱい集めなくてはなりません。そうして、そのデータを使って、どれくらいの割合の患者が治ったのか、どれくらいの割合の患者に副作用などの問題が発生したかなどを検証します。この調査を「治験」といいます。

この治験には、相当のお金がかかります。でも、この調査は患者にとって重要なことですから、誰かがお金を出さなくてはいけません。

現在の制度では、大雑把な言い方をすると、その誰かにお金を出してもらうために、お金を出してくれた人に、その新しい薬の独占的な販売権を一定期間与えることになっています。お金を出した人は、この独占的な販売権を持っている期間に、薬を売って儲けて自分の出したお金を回収するのです。

この制度は、新しい薬や医療材料については、比較的良く機能しています。

僕が問題にしているのは、漢方薬などの昔から使われている薬については、この制度が、ほとんど機能していないということなのです。

当たり前のことですが、古くから使われている薬だからといって、必ずしも有効で安全というわけではありません。ほとんど迷信に近い民間療法もありますし、効果が疑問のものや、使い方によっては副作用があるものも多くあります。一方で、非常に有益なものも多くあります。

ところが、これについての科学的なデータはあまりないのです。理由は簡単で、調査のために非常にお金がかかるのに、お金を出した人にメリットがないから、です。昔からずっと使われている薬は、すでに多くの会社が作っています。ですから、誰かに独占的な販売権を与えるわけにもいきません。となれば、調査した製薬会社は、調査にかかった費用を自分だけ価格に上乗せするわけにもいきません。一社だけ値段が高ければ、その会社の製品をだれも買ってくれなくなりますから。結果、だれも科学的な調査にお金を出せないのです。

僕は、自分の患者に漢方薬を結構使います。それらの薬を多用する理由は、有効なわりに副作用が少ない(と経験的に思っている)からです。でも、有効で副作用が少ないという「科学的な証拠」はありません。データが無いからです。

上記のような状況なので、この件には民間はほとんどお金を出せません。ですから、ぜひ、公的なお金をこの分野に出して欲しいと思うのです。行政官僚自身が目利きではない、海のものとも山のものとも自分では分からない研究にお金を出すよりも遥かに有益なのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

現状では、現場の医師は、「伝統的な治療法の中に、有効にもかかわらず科学的な検証がなされていないものもある」。つまり、「伝統的な治療法は、正統的科学による検証を経ていなくても有益でありうる」ということに否定的になれないのです。そして、我々がそれに否定的になれないということは、怪しげな疑似科学や民間療法ビジネスの温床にもなっていると思っています。

皆さん、どう思われますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子カルテのUI、ほしい人いませんか?

今、僕の手元に、どのような電子カルテのユーザーインターフェイスが使いやすいかを調べた記録と、それを基にしたユーザーインターフェイスの案があります。
1年近くかけて、かなりたくさんの臨床医と看護師を相手にペーパープロトタイピングによるテストを繰り返した結果です。

このユーザーインターフェイスの案ですが、特に何かに使うわけでもなく、ただ、僕の自宅で、スケッチブックにおさまっています。
どなたか、これ、ほしい方いらっしゃいませんか?

実は、僕は半年くらい前まで、何人かの仲間と、SaaS/ASP/クラウドで電子カルテのサービスを提供しようとする会社を立ち上げようとしていました(medicalcloudっていう名乗りは、そのときにはじめたものです)。いろいろあって、この会社自体は、立ち上げ前に空中分解してしまったのですが。

ご存知の通り、ASP型電子カルテについては、法的な規制があったり、通常より厳しいセキュリティを求められたりで、なかなか面倒な分野です。しかし、この分野でも、将来はクラウドサービスが主流になるだろうことは、多くの人が同意するだろうと思います。そこで、僕たちは、クラウドを使って、安価な電子カルテサービスを提供しようと考えていました。

電子カルテサービスを安価に提供する上で、一番ネックになると思われたのは、サポートサービスのコストでした。通常、電子カルテベンダーは、ユーザー教育やサポートなども引き受けるのが慣例になっているからです。

僕たちは、そのコストを下げる目的で、できるだけわかりやすい電子カルテUIをゼロベースで設計しようと考えました。可能な限り、マニュアルを読んだり、ベンダーの教育をうけたりしなくても、はじめて見る人でも操作方法が分かることを優先してインターフェイスを設計しようとしたのです(その結果、なれた人にとっての操作効率は、若干犠牲になっている部分があります)。

多くの医師や看護師にプロトタイプを使ったテストを繰り返した結果、似たような機能のウィンドウはデザインを統一し、覚えなくてはならない操作は大幅に減らすことができるようになりました。また、普段あまり使わない複雑な操作は、そのほとんどが、指定された順番に操作していけばいい、ウィンドウズのインストーラ風のウィザードになりました。

いま、この資料が、僕の自宅に放置されています。
どなたか、興味のある方、いらっしゃいませんか?

| | コメント (11) | トラックバック (1)

LISP on Yahoo! Pipes

ここしばらく、Yahoo! Pipes上で無名関数、高階関数を実現する方法を考えている。

というのは、文字列からURLを作って、URLで他のpipesを呼び出すという方法でevalが実現できそうに思うのだ。

誰もまだやってないのかな?

受け取れるURLの長さに制限があるので、あんまり複雑なことはできないとは思うけれど、でも、出来たら面白いと思うんだけれど。


で、その延長線上で、なんとかして、「LISP on Yahoo! Pipes」みたいなことを実現できたら、マジな人工知能を搭載したtwitter botを、レンタルサーバーや自宅サーバーすらもつことなく作れるようになるよね。

色々考えてみてるんだけれど、うまくいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の経歴

僕は、いわゆる団塊ジュニアの世代に属しています。
ですから、高校生の時にバブル崩壊を経験し、大学生の時にマルチメディアブームが起こり、Windows95が発表され、さらにインターネットの普及が始まった世代です。

高校までは、ずっと数学と物理が大好きでした。時間をかけてじっくり考えたり、数式を書いたりする中で、難しい問題の答えが簡単に表現できるようになる、そういうプロセスが大好きでした。ですから、将来は数学に近い分野に進みたいと思っていました。

しかし、ちょうど高校を卒業する年、いわゆるバブル崩壊のために、極端な就職難が起こりました。4年間大学に通っても、その後は就職できないかもしれない。そういう状況に怯えた僕は、医者ならば就職に困らないだろうと思って医学部に進学することにしました。それに、医学であっても、数学が好きな自分の適性を生かす方法はあるだろうとも思ったのです。

大学は医学部でしたが、大学に入ってすぐに、僕は当時ブームになりつつあったコンピュータの魅力にハマってしまいました。で、大学のコンピュータを管理している先生のところにずっと入り浸るようになりました。その教室で入り浸っていた結果、大学のコンピュータの実質的な管理者(建前としては、管理者は僕が入り浸っている研究室の先生でしたが)をさせてもらうことになりました。
その後、ウェブサイトを立ち上げたり、ページを作ったりするアルバイト(当時は、HTMLを書いたり、雑誌の付録のLinuxをPCにインストールするだけとかでも、商売になったのです)をしたり、また、そういう会社を作ったりして、そうこうしているうちに、ネットワークの管理やらプログラミングやらを覚えました。また、会社を切り盛りするための会計についても多少は理解出来るようになりました。

それで、一時は、医者になるのをやめて、コンピュータ屋さんとして食べていこうかとも思ったのですが、大学を卒業するころには、僕を雇っていた会社はかなり怪しい経営状態になってしまいまして、卒業したあと、その会社でITで食べていくというのは、不安だと思い、結局、医者になることにしました。

その後、5年ちょっと、普通の臨床をやっていたのですが、ある時、大学生の時に世話になったことのある先生から、医療情報を扱う研究をしたいから、大学に来てくれと誘われました。その研究室で、情報科学のわかる医者が欲しいってことだったんですね。

で、それ以降は、その大学と大学の関連の施設を中心に、5年ほど、SEじみた仕事と医者の仕事の掛け持ちみたいなことをしています。

関心があるのは、医者としてはプライマリケアと予防医学。医療情報屋としては、そのためのシステム設計、開発に関心があります。

でも、どちらも、なかなか難しくて大変なのですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の考え方

Twitterっていうのは、議論には向いていません。
自分の意見を裏付ける証拠を提示するにも、対立する意見に反論するのにも、Twitterは向いていません。
それに、意見が食い違って議論になっても、多くの論点は、TLと一緒に流れていってしまいます。

というわけで、新年になってから、Twitterでの議論は避けるようにしています。

世の中には、いろんな意見があるのでしょうが、僕は、僕の意見と違う立場の人を説得しようとも思いません。ですから、TL上での議論で説得することが困難な基本的な意見の相違については、議論を仕掛けないでください。

以下は、たぶん、TL上での「140文字の議論」程度では、僕の意見が変わることがないと思われる社会的な問題についての基本的な立ち位置です。

1、経済的、社会的な立場
僕は、基本的に「市場」を信じています。
つまり、多くの人が、他の人のニーズを満たそうと競い合うことが、結果的に、社会全体を住みやすくするのだと信じています。もちろん、「市場」には、多くの誤りがありますが、それを政府が正そうとすることは、最小限にするべきだと考えています。なぜなら、経験的に、「市場の誤り」は「政府の誤り」よりも、遥かに小さいことが多いからです。
もちろん、公的な福祉のようなものは必要だと思いますが、そのうち多くは、もっとシンプルなシステムに置き換えられると考えています。具体的には、「ベーシック・インカム」と、公的医療保険などの併用が望ましいと考えています。

2、公的な福祉について
僕は、いわゆるベーシック・インカム論者です。
ただし、ベーシック・インカムが、最小限の生活をできるための水準の給付である必要があるとは思っていません。たとえば、月額ひとり1万円程度であっても、意義はあると思っています。また、ベーシック・インカムで、すべての福祉を置き換える必要があるとも思っていません。たとえば、障害や病気を抱えている人に対する援助は、ベーシック・インカムとは別にある程度必要だと考えています。また、これまで、年金を払ってきた世代に対しては、ある程度の年金を給付することも、必要かもしれないと考えています。

3、政治について
僕は、政治についても、「市場」を信じています。
つまり、選挙を信じています。もちろん、現行の選挙制度には、改善の余地があるとは思いますが。
政府の判断について、なにかが、「正しい」とか、「間違っている」ということを決めることは、容易ではありません。
民主主義というのは、何かが「正しい」という代わりに、選挙という方法で、より多くの人に「政策」を売り込んだ政党の主張を、暫定的に「正しい」とみなすことにしているのだと思っています。
「選挙市場」は、経済の市場とくらべても誤りの多いシステムですが、それでも、何かが「正しい」と一方的に決めつけるよりは遥かにマシです。
したがって、僕は、政治家は「選挙屋」であるべきだと思っています。
ときどき、ある種の政治家を「選挙屋」と読んで批判する人がいますが、僕は、「選挙屋」が悪いとは思いません。
「選挙活動」というのは、政治家が自分の魅力や自分の政策を市民に売り込む「営業活動」ですから、これを否定するのは、民主主義を否定することではないかとさえ思っています。

次回は、(あるとすれば)医療についての考え方と、医療情報についての基本的な考え方について書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AIの森

以前に書いた記事の一部を再掲載

twitterには、人工知能が集まってくるかもしれない。
以前、一種の人工知能のような機能を持ったウェブサービスを設計していたことがある。それは、ウェブのフォームを介してユーザーがする質問に専門知識に基づいて答えてくれる、一種のエキスパートシステムだった。でも、このシステム、結局は、問題が多すぎて、商売としては成立しなかった。
最大の問題は、サーバーの負荷が大きすぎ、またメンテナンスの負担も大きすぎたこと。ウェブフォームからの質問に答えるために必要なDBアクセス負荷と計算負荷(DB内部のデータに基づいて、確率計算をしていた)が膨大で、また、計算に使ったアルゴリズムは、分散処理には不向きなものだった。そのため、少しアクセスが増えるとサーバーが負荷に耐えられなくなることが多かったのだ。
いま、類似のサービスを作るとしたら、twitterのbotとして実装すると思う。まず、twitterサーバーがユーザーからの直接のアクセス負荷をさばいてくれるのだから、サービス提供者は大規模なウェブサーバーを持つ必要がない。また、twitterのbotであればユーザーの質問にリアルタイムで答える必要はない。botに対して行われる質問を順番に待ち行列に入れ、それを順番にさばいていけばいいのだ。ユーザーのアクセスが増えれば、若干ユーザーの待ち時間が増えるかもしれないが、それだけのことである。
それに、人工知能的な機能を提供するサービスにとって、チャット相手になるbotという外見は、わかりやすいアナロジーだとも思う。
今は、まだ、twitterのbotは大した機能がないものが多いけれど、将来、twitterはたくさんの人工生物、人工生命がさえずり合う、「AIの森」のためのプロトコルになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年4月 »